多額の借入れならば銀行

カードローンでお金を借りる理由は人それぞれです。ちょっとした数万円程度の借入れであれば、サッと借りてサッと返すという方法もあります。しかし、大きなトラブルでまとまったお金が必要になった場合、大手消費者金融にはいくつかの問題があります。

 

消費者金融は総量規制によって、年収の1/3を超える借入れができません。また、50万円を超える申込み時には収入証明書類が必要になります。そして、消費者金融のカードローンには、金利が高いというデメリットがあります。数万円~数十万円程度であれば、かかる利息もそれ程大きくはなりませんが、多額の借入れであれば、利息も馬鹿にできません。

 

これらの問題を解決するのが、銀行のカードローンです。銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、消費者金融の様々なデメリットを解決できます。

 

年収の1/3を超える借入れが可能ですし、収入証明書も必要のないケースが多いです。消費者金融なら50万円を超えると必要でしたが、銀行系カードローンでは200万円以内なら不要、300万円以内なら無料、という所がいくらでも見つかります。

 

その上、銀行系のカードローンは消費者金融と比べて金利が低い傾向にあります。いいことずくめとなるように見えますが、融資までのスピードと審査の通りやすさでは多少不利になる点にだけは注意が必要です。

 

ただし審査に通れば大きな金額を低金利で借りられる可能性もあるのが銀行カードローンの良さとなるので、まとまった金額でのおまとめローンなどの利用にも向いているのです。最高800万円の限度額となるオリックス銀行カードローンでも、審査の結果によってはオリックス銀行カードローンでのおまとめローンも可能となっており、多くの利用先がある方にも人気です。